※掲載されている物件の賃料は、記事公開時点の金額となっております。実際の金額と異なる場合がございますので予めご了承下さい。

どうも!最近いろんなところにパークちゃんと探検し勢いがついてきたのでギロッポンに行ってきました。

六本木ヒルズ

今回は港区六本木・麻布エリアを探検してきました!

六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどの大型複合施設やタワーマンションが建ち並びテレビ局や大使館も所在しています。駅を降りて感じたのは高級店が多く大人空間のイメージが強く、洗練された街という印象です。

街を走る車も高級車をよく見かけました。珍しい車も見ることができて、街を歩いていて発見がたくさんありました。

六本木 六本木

アクセス(六本木ヒルズ)

大江戸線「六本木」駅 3番出口 徒歩4分/日比谷線「六本木」駅 1C出口 徒歩1分(地下通路で直結しているので万が一雨が降っていても楽に着きます!)

ところでヒルズ族ってなに?

Wikipediaによると、”ヒルズ族とは2000年代に六本木ヒルズ森タワーに本社を置く企業群の代表者たち、また六本木ヒルズ内の住宅棟である高級マンションの六本木ヒルズレジデンスに住む住人を示していた。 ITベンチャーや投資ファンドの関係者が多く含まれていた。 六本木ヒルズで働く人をもこう表現することがあった。”

六本木ヒルズの入居企業にIT会社を中心とした巨大企業が拠点を構え、栄華を象徴していたんですね。

六本木

コロッケやさん

駅を降りてから六本木ヒルズの広場を出てテレビ局や高級店・道を走る高級車を見なが環状三号線沿いを麻布十番駅に向かいながららぶらぶら探索していました。すると車一台分ギリギリ通れるかくらいの脇道があり、一度は通り過ぎてしまったのですが「コロッケ」の文字が気になって引き返してみると「楽万コロッケ店」というお店がありました。

港区

気になって店内には行ってみると、入り口横のボードにメディアにも多く取り上げられた際の写真がたくさん貼られていました。有名人の方も絶賛しているようです!港区を中心に何店舗かお店を構えているそうです。

気になっていた季節限定旬のクリームコロッケと数量限定メニューの特上コロッケパンを頂きました!3分程待てば上げた手を頂けるということだったのでお願いして、店内で待っていると目に入ったのが「昆布塩」。どうやらお塩で食べるコロッケらしいです。

さっそくお店の方にも勧められた昆布塩を振りかけてアツアツを一口。うまーー!一口目から中に入っている芋に当たりまし。中身がゴロゴロ入っていてお塩がよく合う!コロッケにしては少しお高い六本木価格でしたが、これは食べてみる価値大です!限定のコロッケパンも残っていたので注文しましたが大正解でした。お店の外には椅子と温かいルイボスティーが置いてあるので、そこでまったりひと時を楽しみました。港区を散策される際は是非、昆布塩を試してみてください。

楽万コロッケのHPはこちら

港区 麻布十番

アクセス

「およげ!たいやきくん」のモデル?

まいにちまいにち、ぼくらはてっぱんの~♪で始まるあの歌は1975年に子供向けの番組『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして発表、リリースされた童謡です。今の子供たちもリリース後も長く愛され皆に歌われてきたたいやきくんですが、モデルになったお店があったのはご存知ですか?私も探検前に教えてもらいこれは行くしかないと、楽しみにしていました。

「およげ!たいやきくん」のモデルになったお店は麻布十番にありました。ずっしりと趣のある外観でお店の名前は「浪花家総本店」。創業は明治四十二年(1909年)で創業100年以上人々に愛されているんですね!創業以来、伝統的製法を守り鯛焼きを作り続けているそうです。たい焼き以外にも、やきそば、お汁粉、かき氷、あんみつ、ロールケーキなどのメニューが揃っていました。

浪花家総本店 

アクセス

散歩

お腹も満たされたので、ぐるっと散歩してきました。↓絵のクオリティは一旦置いておいてください。長くなるので。赤線がざっくり歩いた道です。黄色がコロッケやさん(楽万コロッケ店)、茶色の魚はたい焼きやさん(浪花家総本店)

道はきれいに整っていたのと、高級車がたくさん走っていたので楽しく散策できました。通った道も交通量が多かったのですが、首都高速都心環状線が上を走っていて交通網がすごいなと改めて感じました。歩いていてちょっと辛かったのが 麻布通の坂道ですね。六本木から麻布十番に向かう時は緩やかな下りだったので気にならなかったのですが、戻るには上がらないとなので黙々と歩きました。曇りの日でよかったです。

港区六本木・麻布十番の駐車場情報

六本木・麻布エリアをぐるぐる歩いていましたが、コインパーキングはまあまあある印象です。特に裏通りなどには台数は少ないですがコインパーキングがありました。コインパーキングは取材に行った時点の金額では4時間最大2,000などで、言わずもがなずっと停めておくことは難しそうですね。

このエリアだと費用面では地価が高いのでどうしても値段が高めですが、お得な駐車場サイトPMCマンスリーパーキングでは港区エリアの駐車場も多く取り扱いがあります。

機械式駐車場の取り扱いが多いため、セキュリティ重視な方でもコスト重視な方でもご案内できる駐車場があるので一度お問い合わせください。

それでは。