※掲載されている物件の賃料は、記事公開時点の金額となっております。実際の金額と異なる場合がございますので予めご了承下さい。

こんにちわ

クリスマスやお正月の季節が近づいてきましたね!
皆さまはどのようにお過ごしでしょうか?
私は餅とミカンを食べて、布団に包まる予定です。

今回はたまーにテレビでも「ディープな街」として紹介されることもある
大塚へ行ってきました!

↓まずはいつもの。

【登場人物のおさらい】
◆パークちゃん:PMCのマスコットキャラクター、表情はないが結構動く。
LINEスタンプ第2弾も発売中です!
「パークちゃん」で検索してみてくださいね。
また!新たに干支パークちゃんも完成しました!
スタンプ化をお楽しみに!

◆私:諸事情により、以前南大塚付近によく通ってた人。

大塚とは?

◆どんなとこ?(私の主観)
出口によって雰囲気が非常に違うエリアで、
北口:繁華街中心、夜賑わっている。
南口:駅から少し歩くと、閑静な住宅街っていうイメージです。

◆交通
①JR山手線 大塚駅   駅番号は「JY 12」
②都電荒川線 大塚駅前停留場 駅番号は「SA 23」
③東京メトロ丸の内線 新大塚駅 駅番号は「M 24」

都電荒川線は「東京サクラトラム」という愛称も付けられています。

◆ナンバープレート
豊島区だけど「練馬」

◆トリビア
「大塚」という住所は文京区、
「北大塚・南大塚」は豊島区の住所です。
なんだが紛らわしいですね。。。

それでは早速行ってみましょう。

北口エリア

まずは北口に降り立ちます。
「ザ・冬」って感じの雰囲気が出てました。

繁華街のほうに進んでいくとお店がたくさんあり割と賑わっています。

こちらの繁華街を抜けて、「空蝉橋通り北」という交差点まで進むと1件目のオススメスポットの登場です。

ちなみに、↑の橋の名前は「うつせみはし」で由来は、
夏になると蝉の抜け殻が数多く見られたからだそうです。
※諸説あり

マルキク矢島園(東京都豊島区北大塚3-22-8)

アクセス:山手線 大塚駅北口より徒歩8分

静岡県掛川市の「茶草場農法」という世界農業遺産登録されている栽培方法で
栽培された茶葉は、都内ではこちらのお店だけの限定品だそうです。
他にも、冷凍焼きいも(12/13時点では時期的に販売されていませんでした)等も
販売しており、地域マーケティング大賞 特別賞も受賞しているすごいお店です!

あと、実際に行ってみてすごいと思ったのは・・・
なかなか歴史がありそうな店構えなのに、
大体のカード払いやキャッシュレス決済に対応している点です。
※ちなみに、過去にはBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)で支払うことが出来たそうです。

おそらくお茶屋さんだと思いますが、
なぜかオススメのエスプレッソコーヒーを勧められたので、
LINE Payでお買い上げ。

星野リゾート OMO5(東京都豊島区北大塚2-26-1)

アクセス:山手線 大塚駅北口より徒歩3分

「おもふぁいぶ」と読みます。

こちらはあの有名な「星野リゾート」が2018年5月にオープンした、
「旅のテンションをあげるホテル」というコンセプト型ホテルで、
現在は大塚(東京)と旭川(北海道)に展開しており、
ディープな街をひとつのリゾートとして捉える、という新しい形を取っているようです。

宿泊客以外の人でも中に入ることができ、
ホテルのロビーに併設されたカフェは気軽に立ち寄ることができます。

また、非常にリーズナブルで
今の年末の時期でも、
7000円(1名)くらいで1泊することができるみたいです!
大塚で特に用事はないけれど、いつか利用してみたい!

おにぎり ぼんご(東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F)

アクセス:山手線 大塚駅北口より徒歩3分

OMO5のお隣にあるおにぎり屋さんでランチを取りました。

12:30頃行きましたが、
10席程ある店内は満席且つ店内外に行列が出来ていました。
私も30分ほど並んでやっとのことで初入店。

おにぎり屋さんというものに初めて入りましたが、
こちらは想像以上のラインナップでした。。

なんと!おにぎりの具が55種類の中から選べる!!

壁一面にメニューが貼ってあり、
具はカウンターに並んでいました。

ランチセットもやっていて、「2個とうふセット」を注文しました。

「鮭マヨネーズ」「まぐろ角煮」「おかわりし放題のとうふ味噌汁」が付いて

600円(税込)!!

安すぎるでしょ~写真をお見せしますよ~追加注文も可能でしたよ~

おにぎりはかなり大きめで、三角形のどこから食べても具が口に入ってくるという
大変素晴らしいおにぎりでした。
これはホントーーーに並ぶ価値あり!

南口エリア

おにぎりで満足した私は南口に移動します。

大塚駅は元々なにもない駅と言われていましたが、
2013年に駅直結の商業施設 アトレヴィ大塚が誕生したことで大きく様変わりしました!

バッティングセンターぴこたお(東京都豊島区南大塚1-52-4 大塚レジャービル)

アクセス:山手線 大塚駅南口より徒歩1分

長年地元の方に愛されているバッティングセンターで、ゲームセンターも併設しています。
過去には、超有名プロ野球選手や芸能人の方が数多く来店されていて、
レジカウンター付近にたくさんのサイン色紙が飾ってありました。

1ゲーム(20球)300円だったので、食後の運動をしました。
結果は特にお伝えしません・・。

このあと、疲れた体を引きずりながら、
丸の内線 新大塚駅まで歩いて電車に乗って戻りましたとさ。

さいごに

豊島区・大塚編はいかがだったでしょうか?
レトロな感じと近代的な感じが混ざり合うディープな街でしたね。

またまた忘れていた駐車場事情ですが、
北口も南口もコインパーキングが非常に多かったです。
ただ、エリア的に値段設定も割と高く、満車状態が多い印象です。

上限があるにしても、15分440円や20分330円で借り続けている方は、
月極駐車場を契約したほうが絶対お得です!

PMCマンスリーパーキングに掲載されている物件は、相場よりも2~3割安いので、
浮いたお金を自分へのお年玉にしてはいかがですか?

 

お問い合わせはこちらから!