※掲載されている物件の賃料は、記事公開時点の金額となっております。実際の金額と異なる場合がございますので予めご了承下さい。

レクサス LSの特徴


レクサス LSは2006年に発売されたレクサスの中で最も有名なセダン車です。近年モデルではさらにサイズアップした設計となっており、全長・全幅・車両重量などが国産車では中々見ない数値になっています。外国産車に負けないほど高級セダン車というジャンルでは人気を誇っていますが、車体の大きさや管理コストについては少し調べてから購入を検討した方が良さそうです。

駐車場探しの難易度・注意点

【駐車場探し難易度】★★★★★

まずLSのサイズですが、

全長:5235mm
全幅:1900mm
全高:1450mm
車両重量:2150kg

となっています。(サイズ参考:Goo-net LS500 2018年8月発売モデル)

1550mm以下のセダン車ですので、機械式駐車場の全高サイズ制限については特に問題ありません。ただしその他のサイズ制限は全て気にする必要があります。まず全長が5000mmを超える車種ですので、機械式・平面式どちらの場合でも切り返し面でネックになる場合が多いです。さらに全幅1900mmという点も機械式駐車場では引っ掛かりやすい部分です。既定の全幅サイズはクリアした場合でも、パレットのタイヤ幅が物理的に入らないというケースも多く注意が必要です。また2000kgを超える車両重量をクリアできる機械式駐車場もかなり少ないため、この部分で入庫できないということもよくあります。仮に入庫可能な駐車場が見つかった場合でも、現地確認や試し入れをしてからの利用をオススメします。

入庫可能な月極駐車場

LSの場合、上記の通り機械式駐車場では全体的に車両サイズがネックとなりますので、案内可能な月極駐車場は少し限られてしまいます。希少な入庫可能駐車場ですが、いくつか弊社サイトでも管理がありますので、是非ご覧ください!

【東京】

 

※年式・グレードによって入庫できない場合があります。
そのほかのエリアでも入庫できる駐車場がございます。

こちらからご覧いただけますので、ぜひお探しください!